為に鳴りたいとする願う人の項


by ossan29sai

堀江貴文

ライブドア事件で、証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載など)の罪に問われた前社長堀江貴文被告は、保釈後の心境を書いた直筆の文書を報道各社に公表。
「(拘置中)情報から遮断されたのが、急に情報化社会に放り込まれたことから、頭がついていかない感じで戸惑っている」

堀江被告が報道各社からの要請に応じて、弁護人を通じて出した起訴事実についての一言
「認めていないし、違法行為を指示、了承したつもりもない」

社長だったアンタの責任ですよ。おそらく・・・。
[PR]
by ossan29sai | 2006-05-24 15:58 | 社会・経済・一般